サロンでの脇脱毛に副作用は存在するのか?

脱毛サロンの脇脱毛は家庭用の脱毛より安全ですが、副作用がゼロではありません。現在は光を使用して処理している脱毛サロンが多く、レーザーを使用していた昔と比べて安全性は高いですが、そもそも脱毛にノーダメージはありえないのです。これは毛抜きやカミソリ、ジェルで処理する場合にも言えることです。

 

脱毛サロンの副作用は主に乾燥であり、自宅での保湿ケアを入念に行わないとカサカサになることがあります。大手サロンでは保湿を徹底しているので乾燥することは少ないですが、乾燥肌や敏感肌の方は自宅でもしっかりとケアを行っておくべきでしょう。敏感肌の方だと副作用によって炎症を起こすことがありますが、これも保湿不足からくることが多いです。脇は乾燥しやすい部位なので、化粧水をたっぷりと使用して潤いを与えていきましょう。

 

脱毛の悩みには黒ずみがありますが、脱毛サロンの場合は発生する可能性は低いと言えます。脇の黒ずみが発生する理由は、頻繁にカミソリで処理しているからです。毛抜き、ジェルなども黒ずみの原因となりますが、シェービングほど頻度は高くないでしょう。シェービングはムダ毛を剃るだけなので、脱毛効果が長く続きません。それゆえに処理回数が多くなり、黒ずみを発生させやすくなるのです。

 

脱毛サロンで使用する光脱毛機を使用すると、日焼けに近い状態となります。肌が乾燥をして黒ずみが発生しやすくなりますが、サロンでは施術前と後に十分な保湿ケアを行います。処理頻度も2ヶ月に1回くらいなので、副作用として黒ずみになることはまずありません。一般的によくある副作用は乾燥肌や炎症なので、サロンの保湿ケア以外にも自宅での保湿を徹底しましょう。入浴後の脇は水分が失われているので、そのままケアせずに眠ってはいけません。保湿機能の高い化粧水やデオドラントを使用して潤いを与えていきましょう。常に弾力性のある状態にしておけば、炎症やニキビも防げるはずです。